ママ!
自宅でプログラミングを
教えてみませんか!


2020年に小学校で英語やプログラミング教育の必修化が決まりました
あなたの知識と技術を使って自宅で副業をしてみませんか!

文科省小学校プログラミング教育の手引

今日、コンピュータは人々の生活の様々な場面で活用されています。家電や自動車をはじめ身近なものの多くにもコンピュータが内蔵され、人々の生活を便利で豊かなものにしています。誰にとっても、職業生活をはじめ、学校での学習や生涯学習、家庭生活や余暇生活など、あらゆる活動において、コンピュータなどの情報機器やサービスとそれによってもたらされる情報とを適切に選択・活用して問題を解決していくことが不可欠な社会が到来しつつあります。

コンピュータをより適切、効果的に活用していくためには、その仕組みを知ることが重要です。コンピュータは人が命令を与えることによって動作します。端的に言えば、この命令が「プログラム」であり、命令を与えることが「プログラミング」です。プログラミングによって、コンピュータに自分が求める動作をさせることができるとともに、コンピュータの仕組みの一端をうかがい知ることができるので、コンピュータが「魔法の箱」ではなくなり、より主体的に活用することにつながります。プログラミング教育は子供たちの可能性を広げることにもつながります。

プログラミングの能力を開花させ、創造力を発揮して、起業する若者や特許を取得する子供も現れています。子供が秘めている可能性を発掘し、将来の社会で活躍できるきっかけとなることも期待できるのです。このように、コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められるこれからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、極めて重要なこととなっています。諸外国においても、初等教育の段階からプログラミング教育を導入する動きが見られます。

こうしたことから、このたびの学習指導要領改訂において、小・中・高等学校を通じてプログラミング教育を充実することとし、2020 年度から小学 校においてもプログラミング教育を導入することとなりま0した

​ニーズがあります!

2020年から小学校でプログラミングが必修化になりますので、プログラミング教育の需要は高まっております。 文部科学省が昨年6月に発表した資料「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について」では、 プログラミング教育とは、子供たちに、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」などを育むことであり、コーディングを覚えることが目的ではない。

どんなことをするの!

Ozobotという小さくてスマートなロボットと小さなコンピュータmicro:bitを教材として、お子様と答えは一つでない課題を、一緒に遊び、考えながら楽しむ授業です。 子供たちに「論理的思考」に慣れさせ、脳を鍛え、次世代IT社会をリーディングする人材として育てます
授業は、1日2時間、週4回、少人数(2,3名)の生徒様にプログラミングの授業を行っていただきます。

私にもできるの!

IT業界で働らいていたママで育児のため退職された方、あなたの技術・知識を使って自宅でプログラミングを教えてみませんか? 小学校の先生より、プログラマやWEBデザイナーで働いてきたママの方が、プログラミング教育の先生の能力は高いと思われます。 私たちプログラミングのスペシャリストが、プログラミング教育のテキスト、機材、講習をご提供いたします。 どのような授業をするのか、無料講習で体験してみてください。 /p>

ライフスタイルを変えてみませんか?

子育てのなかフルタイムで働いているママ

労働時間   月160時間
通勤時間   月 60時間
総拘束時間は 月220時間です

子育てで一番大事な時間を労働に費やし ていませんか?

子育てで退職したママ

職場復帰を考えていませんか?
復帰は簡単ですか?
元の職場に戻る以外の選択肢も考えてみませんか?

満員電車に乗らなくて良い仕事はどうですか?

副業を考えているママ

いろいろな副業がありますが
ママが今まで培ってきたIT技術をプログラミング教育でもう一度役立てませんか

私たちがお手伝いいたします
image
image
image
image
image
image
image
ぜひメールまたは電話を!

03-5443-0585

株式会社ビー ・ トゥ ・ システムズ

〒108-0073 東京都港区三田3丁目4-9 リーラハイツヒジリザカ 503

info@kidpro.jp